AYAMAKI'S

仕事の事とか、映画のこととか、生き方のこととか書いてます。

どうしてブログを書けなくなってしまうのか? 

 

なぜ書けなくなってしまうんでしょうか?

私は今まで何度も何度もブログに挑戦しては挫折を繰り返してきました。前に書いた記事にもある通り、上手くいかなかったりすると途端にリセットしたくなる衝動を私は持っていました。

立ち上げて3日ぐらいのブログを閉鎖したり、有料コースの途中にも関わらず退会してしまったりと、横で見ていたら「こいつは狂っとる」と思わずにはいられない行動ばかりです。このブログも、後少しで閉鎖するところでした……。

どうしてこんなことをしてしまうのか、と自問自答することも多く、それをまとめてみたのが以下になります。

そもそも文章書くのが好きなのか?

なんだかんだ言ったところで、私は文章書くのが好きじゃないのでは。
と思ったこともあります。ブログが続かないものですから。

絶対に食べたら美味しいと分かっているラーメンを口に入れた時に、何か違うと感じるときのような、そんな感覚なのかなぁ。

でも、文章を書いてる時自体は集中できていて楽しいんです。自分の考えっていうのが細い糸みたいなのだとしたら、それで一枚の布を作りあげていくような地道さが楽しく思えます。

実際、ブログ以外の文章はちゃんと書いてます。特に個人的な日記については必ず一日2000字ぐらい何かしら感じたことなど残すようにしています。

日記を書くぐらいだから文章を書くのは好きなのでしょう。

書きたいことが見つからないのか?

ブログを書く上で一番の問題になるのが「ネタがなくなる」ことだと思います。
自分の書きたいものが見つからなくなった時、何を書けばいいのか分からなくなった時というのは、梅田の地下街で迷子になるような絶望を味わいます。

けれども今のところ「書きたいこと」というのはあるので大丈夫です。もちろん無尽蔵というわけではありませんが……。

稼げないからか?

本当に最初にブログを始めた時には文章を書いて稼げたらな、という思いもありました。自分の好きなことでお金を得て生活を出来れば、どれだけ幸せだろうかという妄想はブログを書いたことの有る人ならほとんど経験あるのではないでしょうか?

でも、そもそもブログを始めても書けなくなってしまって、アドセンスの審査を受けられるようになる前に閉鎖してしまうから、稼ぐ稼げない以前の問題でもあります。

まずはブログがアドセンスの審査に合格出来るようにしないといけませんね。

炎上してしまうのが怖いのか?

炎上、怖いですよね。

確かに自分の書いたことで炎上してしまったら、と思うと文を書く手が止まってしまうかもしれません。樹に縛り付けられてサンドバッグになるような状態には誰も陥りたくないですから。

でも、そもそも「差別的な言動」とか「人を馬鹿にする言動」をとらなければ炎上ってしない気もしてます。

自分のPVを稼ぐために他人を貶すようなことをしないように気をつけてれば、とりあえずは大丈夫かなと思っているので、これに関しては問題ありません。

 

リアルの知人に知られるのが怖いのか?

身バレ。炎上より、怖いんです。私にとっては。

「あれって、お前のブログだよね」と会社の同僚に聞かれるというのは、道を歩いていたら後ろから死神に「今日で人生終わりやで」と肩を叩かれるようなもの。

別にブログにやましいことを書くつもりはないのですが、日記を親に見られるのが死にたくなるほど恥ずかしいことのように、知人に自分の考えを知られるというのは赤面すること間違いなしの黒歴史になりかねないのです。

一度ブログを知られてしまったが最後、同僚がこちらを見て何か言う度に、ブログについての悪口を言われている妄想を抱いてしまうであろうことは簡単に想像出来ます。いずれ仕事もしづらくなってくるのではないでしょうか。

 

ただ、最近は考え方に変化が生まれてきて、別に身バレしたところで死ぬわけでもないし、働きにくくなったら会社辞めればいいや、という心境に至っています。

なぜこういう心境に至ったかは後日別に書き改めます。とりあえず、身バレを気にして書けないというのはもったいないので、書きたいことがあるなら書くべきですね。

反応に一喜一憂しすぎる

これが、たぶん自分の書けない最たる要因だと思うのです。世の中のブログが続かない人たちもこの状態になってしまっているのではないでしょうか?

投稿した結果、スグに反応が帰ってくる記事もあれば、新しいブログなら誰一人見ることもないという記事だってあります。

反応がなければ、「どうせ誰も見てもらえないし」と書く意欲を失ってしまいます。
反応があればあったで「次はもっと良い記事を」と意気込んで、自分の力以上のものを出そうとして結局書けなくなります。

こういう状態に陥ってしまうと、記事を書くのが楽しくなくなってしまうので、それが原因で手が止まってしまうわけですね。

実際、以前ブログが書けなくなった時には、「読まれなかったらどうしよう」とか「どうせ反応もないんだろうなぁ」とか、書いている最中にそういう考えが浮かんできて、書き上げることが出来なくなってしまっていました。

もちろん反応がない時に改善するための反省は必要ですが、いちいち悲しむべきではないですね。

それが分かってきた今なら、もう少し書き続けられそうな気がします。

 

おわりに

確かにブログは書いた後に誰かが見てくれるという所に存在価値があります。

けれども、その反応に喜びすぎても自分の重荷になるし、悲しみすぎれば書くのが怖くなってしまいます。

あまり人の目を気にしすぎないこと。それがブログを続けるコツなんですかね。

 

ありがとうございました。