アルコールの一気飲みを強要するのは、そんなに楽しいことなのか。

 先日、会社で行われた飲み会で一気飲みをする羽目になりました。

 わたしは少々アルコール依存症気味なのですが、会社の飲み会でお酒を飲むのは好きではありません。その理由が「一気飲み」です。普通に食事と会話を楽しんで、その合間にお酒を楽しむのが真っ当な社会人のはずなのですが、今まで参加してきた飲み会のほとんどで「一気飲み」が行われてきました。

 これだけ急性アルコール中毒の危険性や、アルコール・ハラスメントが会社に悪い影響を与えることが認知されるようになっても、以前として「一気飲み」が場を盛り上げる楽しいものだという認識が、わたしの会社では当たり前の様に存在しています。

 少し愚痴っぽくなるかもしれませんが、このあいだの一気飲みが響いたのか二日酔いになり休日を一日無駄にしてしまった悲しみを込めて書きたいと思います。

なぜ「一気飲み」を強要するのか

 そもそもどうしてアルコールの一気飲みが楽しいんでしょう。本当に楽しいんなら自分だけやっていればいいはずなのですが、「一気飲み」が行われる場では必ず誰かが煽られるなり、逃げられないように雰囲気を作られたりして、強要されていますね。

 つまり、無理やり誰かにアルコールを飲ませるのが楽しい行為だと感じているから、そういう風に強要するわけです。

強要自体に意味がある

 ここで「強要する」ということに目を向けた時に思い出されるのが、中学生・高校生の時にクラスメイトが無理やりやらされていた「コーラの一気飲み」です。わたし以外にも見たことがある人はいるかもしれません。大人がビールを一気飲みするのと何も変わらず単にコーラに変わっただけです。アルコールと違って意識障害を起こすようなことはありませんでしたが、中には気持ち悪くなってもどしてしまうクラスメイトもいました。

 クラスの中で強い立場に居る人間が、弱い人間にあれをする理由はただ一つ。「コーラを一気飲みするのは辛いこと」であり、「その辛いことを他人に強制出来る」という事実が楽しいのです。

 アルコールの一気飲みを強要するのも同じなのではないでしょうか。ビールや焼酎を一気飲みするのは辛いことです。気分も悪くなりますし、最悪死ぬ危険性すらありますから。その様な行為を他人に強要できる、ということに歪んだ快楽を抱いている人が多いからこそ、世の中から一気飲みの強要がなくならないのです。

強さをアピール出来る

 また、他人にアルコールの「一気飲み」を強要する人物というのは、集団のなかでそれなりの立場にいませんか。会社なら上司・先輩、立場に上下がない集まりならば「声が大きく、目立つ」人間です。

 そういう人たちは集まりのなかで「自分が上に立っている」ことを誇示するために、他人に「一気飲み」を強要します。自分がしないような辛いことを強制させられる立場であるのだとアピールするために。

 ほとんど本能に従って行動しているので、実のところ動物と変わらないんですよ。

一気飲みの強要は殺人と同じ

 アルコールを強要することで、もちろん刑事責任を問われることもあります。強要罪や傷害罪、もし急性アルコール中毒で死亡したら傷害致死になります。

 そもそもアルコール自体、本来は毒物のはずです。飲み過ぎたら死んでしまうのですから。それを飲むように強制することは、殺人と変わらないという意識がまだまだ一般社会に浸透していないのでしょう。

 ガソリンを無理やり飲ませて死亡させたら、誰もが「殺した」と思うはずです。それなのにアルコールなら「運悪く死んでしまった」と考えるのはおかしいんですよ。

一気飲みの強要を厳罰化すべき

 

 現在、一気飲みの強要があったとして急性アルコール中毒になり死亡や後遺障害が発生すれば事件となり明るみにでるはずです。しかし、そうでないのなら「どうせ一日寝れば治るから」と軽視されてしまい、問題扱いしてもらえません。

 実際わたしの会社では、一気飲みの強要で倒れたぐらいだと笑い話にしかなりませんし、誰も「同じ過ちを繰り返さないようにしよう」とは考えないのです。むしろ、面白がって「一気飲み」の強要を繰り返すようになってしまいます。

 証拠を集めて提出されたら、会社は1000万円単位の賠償金、個人は10年ぐらいの懲役刑というぐらいに罰を重くすれば、もう少し世間のアルコールに対する意識も変わるのではないでしょうか。

まとめ

 毎年12月になれば、忘年会シーズンということで毎年のように急性アルコール中毒で死亡したというニュースを目にします。なかには「また、今年もか。アホだなぁ」などと他人事だから笑って済ましている人もいるかもしれません。

「強要されたからといって、飲むやつが悪い」というのも間違いです。一見すると選択肢があるように見えますが、断れないようにされるのですから強制と何ら変わらないのです。

 一気飲みを強要する側は楽しいのかもしれませんが、それは「他人に辛いことを強制できる立場に自分がいる」という優越感からくる、歪んだ喜びなのだということを知ってほしいと思います。弱い立場のものをイジメて喜ぶなんて畜生のする行為だと多くの人は分かっているはずなのですが、アルコールが絡むとなぜかオッケーになってしまうのはバカなのでしょうか。

 わたしはとりあえず今年の忘年会はウーロン茶オンリーで過ごすつもりです。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。