「SAW5」:おもしろかったところ・つまらなかったところ

※映画の感想です。ネタバレがあります。ご容赦ください。

ソウ5 (字幕版)

ソウ5 (字幕版)

 

 

 SAW4のラストで二代目ジグソーが明らかになったので、SAW5では二代目ジグソーとそれを追うストラム捜査官というのがメインストーリーです。

 もうひとつはボンクラ五人組が囚われているところから脱出するために、ゲームに挑戦していくというもの。

おもしろかったところ

 ストラム捜査官がどのようにして二代目ジグソーに迫っていくのか、というのはやはり見ていて次が気になるポイントです。

 あと初代ジグソーと二代目ジグソーの出会いとゲームがあるのですが、そのシーンがSAW5で一番緊張感のあるところではないでしょうか。「殺人は不愉快な行為でしかない!」と初代ジグソーが叫んだときには思わず「なんでやねん」と突っ込みを入れてしまいました。

 最後の最後でストラムと二代目ジグソーが対決するのですが、その結果はなかなか残酷でえげつないです。普通に死ぬだけでなく汚名まで着せられるわけですから、シリーズでもストラムは可哀想な最期を遂げたキャラクターといえますね。

 

つまらなかったところ

 なぜか「SAW5」の五人組のゲームについては何となく突っ込みどころ満載な気がするんです。

「ガラス瓶を割って避難場所へのカギを探すゲーム」では避難場所が明らかに広くて、数人入れるのはひと目で分かるでしょうし、「5つの電極をつなぐゲーム」では別に人の体に刺さなくても、服を濡らせばいけたはずです。

「ノコで手を切って、ビーカーに血を貯めるゲーム」はそもそも自分の意思であそこまで手を切れるのか、と思いました。それに「手を入れないとビーカーまで液体を通すための穴が開かない」というのは服でも詰めておいて、お◯っこでも流しこんでやればいけたのではないでしょうか。

 ともかく五人組のゲームの内容と装置に何となく「手抜き」のようなものを感じるし、突っ込みどころがあるせいで、五人組の会話がいかにも芝居臭くなってしまっています。あと、今までのSAWに比べると死ぬときに割りとあっさり死ぬなぁという印象でした。

 とにもかくにもメインのゲームに登場する五人組がボンクラで、感情移入させられるようなキャラではなかったので、「あ、また死んだわ」ぐらいにしか思えません。

 

まとめ

 SAW5はゲームで「誰がどうやって死ぬか」に面白さを見出そうとすると、いまいちなようです。「犯人にどうやって迫るか」というスリラーとしての面白さに目を向けた方が楽しめる作品だなと感じました。

 

 お疲れ様でした。